経済・企業

注目! 下期に狙う「3大テーマと37銘柄」=和島英樹

    アフターコロナ 「飲食業・娯楽が回復」

     新型コロナウイルス禍で最も苦しんだ居酒屋に加え、外食の復活、国内旅行の需要増などが期待される。「甘太郎」や「北海道」ブランドの居酒屋を展開するコロワイドは、回転ずしの「かっぱ寿司」、外食の「大戸屋」も傘下にしており、飲食回復の恩恵を広範囲に享受できる可能性がある。

     また、エイチ・アイ・エスは長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」のほか、海外格安チケットはインバウンド(訪日外国人観光客)などが復活すればさらに回復色が強まりそうだ。ディズニーリゾートのオリエンタルランドなどのテーマパークも人数制限の解除が見込まれる。国内旅行が活発になれば、航空各社やJRなどへも客足が戻ることになるだろう。(表の拡大はこちら)

    残り1461文字(全文1787文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月2日号

    地震、台風、土石流 あなたの町の危険度16 水害発生地でなくても区内は5%地価下落 ■中園 敦二/和田 肇18 「災害リスク税」の創設を ■釜井 俊孝19 首都圏人気路線安全度 利便性や土地ブランド優先 必ずしもリスクを反映せず ■横山 芳春20 東急東横線 反町、妙蓮寺、白楽に着目21 東急田園都 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事