国際・政治深層真相

脱炭素巡る攻防、接待問題の余波……「官僚たちの夏2021」人事を読み解く=編集部

    拡大版 2021年 「霞が関人事」を読み解く

    財務省 炭素税導入シフト

     財務省の定期異動で目を引いたのは、他省庁との政策調整を担う「総括審議官」人事だった。主税局担当の審議官を務めた小野平八郎氏(89年大蔵省)=写真=が起用された。総括審議官は太田充前次官ら、歴代次官も数多く経験した「次官の登竜門ポスト」だ。事前の予想では、小野氏と同期の宇波弘貴主計局次長も取り沙汰されていた。宇波氏は89年の中でもいち早く昇格し、次官の有力候補でもある。

     小野氏が総括審議官に起用された理由の一つが、政府の脱炭素政策とみられる。今夏まで総括審議官だった新川浩嗣氏(87年同)は、内閣官房気候変動対策推進室長も兼務して、「2050年温室効果ガス排出実質ゼロ」実現のための政策とりまとめを担った。小野氏もこの役割を担う。

    残り2332文字(全文2683文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事