国際・政治深層真相

太陽光設置義務化でバトル、慎重派の国交・経産VS強硬派の環境・内閣府

    太陽光設置義務化で対立 国交・経産対環境・内閣府

    「これからの住宅施策に脱炭素の視点は欠かせない。気概を持って死ぬ気で考えるべきだ」。河野太郎規制改革相は7月27日の内閣府の会議で、新築戸建て住宅の太陽光発電設備設置義務化に消極姿勢の国交省を批判した。

     菅義偉首相が4月、2030年度の温室効果ガス削減目標を13年度比で46%減とする方針を発表し、各省庁は従来目標(26%減)からの積み増しに奔走。焦点は、再生可能エネルギーの中でも比較的短期間で設置…

    残り336文字(全文560文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事