国際・政治

北朝鮮 激やせの金正恩氏に健康不安説 実態は「プチダイエット」か=高英起

     北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)総書記に健康不安説が浮上している。金正恩氏は5月から約1カ月の空白期間を置いたが、6月から立て続けに朝鮮労働党の重要会議に出席した。報道写真を見る限り確かにややスリムになったが、せいぜい10~20キロ程度と見られており、「政変」や「有事」に結びつけるには性急すぎる。ただし、今回の激やせ騒動以前より、金正恩氏の肥満体型こそが、北朝鮮最大のリスクであると筆者は見ていた。1年前のある事件をきっかけに、その見立ては確信へと変わった。

     金正恩氏は2020年4月、欠かさず行っていた金日成主席の生誕記念日の参拝を行わず、雲隠れしていた。筆者の元には「金正恩氏が急きょ心血管治療を行ったが、治療後の経過は良好」という重大情報がもたらされた。一方、この情報は「心血管治療」が「心臓手術」に変わった形で拡散。脳死説・死亡説というフェイクニュースまで流れることとなる。5月に金正恩氏は姿を見せ、死亡説は打ち消すが、直後の報道をつぶさに検証してみ…

    残り950文字(全文1381文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事