【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業

アルツハイマー病 待望の新薬が18年ぶり承認 投資機運高まり創薬活性化も=二村晶子

 米バイオジェンとエーザイが共同開発したアルツハイマー病新薬「アデュカヌマブ」が6月、米食品医薬品局(FDA)に承認された。アルツハイマー病のメカニズムに直接作用し進行を遅らせる初めての治療薬で、同疾患の新薬としての承認は実に18年ぶりという歴史的な承認となった。

 しかし、臨床試験の結果から「治療薬としての有効性が不十分だ」と評決したFDAの外部諮問委員会の委員が承認に抗議して辞任するなど、効果を巡っては議論がある。待望の新薬の評価と与えた影響を考察する。

残り2370文字(全文2600文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事