経済・企業

アルツハイマー病 新薬早ければ日本で年内承認も ネックは投与条件や高額薬剤費=村上和巳

    「アデュカヌマブ」を共同開発した米バイオジェン(上)とエーザイ(下) (Bloomberg)
    「アデュカヌマブ」を共同開発した米バイオジェン(上)とエーザイ(下) (Bloomberg)

     18年ぶりのアルツハイマー病新薬として米国で承認を受けたのが、米バイオジェンとエーザイが共同開発した「アデュカヌマブ」。脳内に蓄積したたんぱく質のアミロイドβが神経細胞を死滅させることでアルツハイマー病になるという「アミロイドβ仮説」に基づく初の治療薬だ。国際的な製薬大手各社が相次いで新薬開発に失敗した中での快挙に、患者や家族の期待はふくらんでいるだろう。しかし、新薬の恩恵を受けることができるアルツハイマー病患者は限定的になる見通しだ。

     その理由は、今回行われた臨床試験がアルツハイマー病でも軽度の患者やその前段の軽度認知障害(MCI)患者のみを対象としている点にある。7月8日に改定された添付文書でも、同治療薬の使用対象をMCI、または軽度アルツハイマー型認知症患者に限定することが定められている。

    残り968文字(全文1321文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事