経済・企業

世界の製薬業界 バイオに経営資源集中 開発力で圧倒の米国勢=編集部

     世界の製薬業界をリードするのは、「メガファーマ」と呼ばれる大手企業だ。売上高で見れば、ロシュ、ノバルティスのスイス勢に次ぎ、メルクやアッヴィ、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)など米国勢が並ぶ。ただ、医薬品開発の主軸が低分子医薬品からバイオ医薬品へと移る中で、開発力や市場の評価(時価総額)では米国勢が他を圧倒する。表の拡大はこちら

     2000年代に入って世界の製薬業界では再編の嵐が吹き荒れ、ロシュが02年、中外製薬を子会社化したように、メガファーマはM&A(合併・買収)によって規模を拡大した。アッヴィが昨年、アイルランドのアラガンを買収するなど、現在もM&Aは続くが、最近はむしろ、特許切れなどで競争力が低下した部門を切り離し、経営資源をバイオ医薬品開発に集中する流れが強まっている。

    残り674文字(全文1022文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事