投資・運用

親子上場 製薬子会社が時価総額逆転 協和キリンなど見直し焦点=和島英樹

     上場する親会社と医薬・バイオ事業の子会社の時価総額が肉薄、あるいは逆転するケースが相次いでいる。キリンホールディングス(HD)に対する協和キリン、住友化学と大日本住友製薬、宝HDとタカラバイオなどが該当する。2019年には三菱ケミカルHDが上場子会社の田辺三菱製薬をTOB(株式公開買い付け)で完全子会社化するなど、「親子上場」を見直す動きも出始めており、動向が注目されている。

     医薬品事業は国内では化学メーカーや酒造メーカーの一事業と位置づけ、子会社として事業展開するところが少なくない。しかし、00年代に入り製薬業界で再編が進んだことで、M&A(企業の合併・買収)により子会社の規模が拡大。また、製品開発のトレンドが化学的な低分子医薬品からバイオ医薬品にシフトする中で、技術力を備えた上場子会社の市場での評価が高まる傾向にある。

    残り1060文字(全文1427文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事