テクノロジーAI図解 日本の未来

低軌道衛星、スカパーJSATがJAXA衛星の譲渡締結でやや先行=ゼノデータ・ラボ

    第33回 低軌道衛星、スカパーJSATがリード=ゼノデータ・ラボ

     宇宙開発が転換点を迎えようとしている。地球表面から2000キロ以下の軌道を周回する「低軌道衛星」を数百から数千も連携させたコンステレーション(多数の衛星の協調動作システム)を構築することが可能となり、通信速度の向上や通信エリアの拡大が実現できる。表の拡大はこちら

     今回は「低軌道衛星」をテーマに、増益の可能性がある国内上場企業を、AI(人工知能)を使った経済予測システム「ゼノブレイン」で分析した。

    残り689文字(全文921文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事