経済・企業

エフィッシモのTOBに「中立」掲げたサンケン経営陣の苦渋=編集部

エフィッシモのTOBに「中立」 異例の判断をしたサンケン電気=浜田健太郎

 旧村上ファンド出身者が運営するエフィシモ・キャピタル・マネージメントは今年3月、東証1部上場の中堅半導体メーカー、サンケン電気に対する株式公開買い付け(TOB)を通じて議決権ベースの持ち株比率を19.93%に引き上げた。TOB前の同比率は9.97%だった。

 2月8日、エフィッシモは出資比率を最大30%に引き上げるためにTOBを実施すると発表。これに対しサンケン電気は、取締役会がTOBに「中立」の立場を取ることを決議(同24日)したと表明。理由について、サンケン電気は「賛同することは適切ではないものの、従業員や取引先などに与える影響と、経営への影響の急迫性を総合的に検討した結果」と説明。

残り509文字(全文842文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事