経済・企業

エフィッシモのTOBに「中立」掲げたサンケン経営陣の苦渋=編集部

    エフィッシモのTOBに「中立」 異例の判断をしたサンケン電気=浜田健太郎

     旧村上ファンド出身者が運営するエフィシモ・キャピタル・マネージメントは今年3月、東証1部上場の中堅半導体メーカー、サンケン電気に対する株式公開買い付け(TOB)を通じて議決権ベースの持ち株比率を19.93%に引き上げた。TOB前の同比率は9.97%だった。

     2月8日、エフィッシモは出資比率を最大30%に引き上げるためにTOBを実施すると発表。これに対しサンケン電気は、取締役会がTOBに「中立」の立場を取ることを決議(同24日)したと表明。理由について、サンケン電気は「賛同することは適切ではないものの、従業員や取引先などに与える影響と、経営への影響の急迫性を総合的に検討した結果」と説明。

    残り509文字(全文842文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事