経済・企業

インタビュー 物言う株主の功罪 必要論 北村雄一郎 日本の産業再編促進の追い風に

     アクティビストはどう変わり、日本企業に何をもたらしているのか。識者に話を聞いた。

    (聞き手=浜田健太郎・編集部)

    ── 今年6月の株主総会で特徴的だったことは。

    ■東芝だろう。6月の定時株主総会で取締役会議長(中外製薬名誉会長)の再任案が否決された。それに先立つ3月の臨時株主総会で、20年7月に行われた定時株主総会が適正に行われたかの調査を求めた筆頭株主エフィッシモ・キャピタル・マネージメントの株主提案が可決された。これをきっかけに、4月に車谷暢昭社長兼CEO(最高経営責任者、肩書は当時)が退陣に追い込まれた。

    ── 臨時総会の決議を受けて6月に発表された調査報告書は、経済産業省が株主に議決権行使をやめるよう介入したと指摘した。

    残り1094文字(全文1409文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事