国際・政治

東京五輪の経済効果、無観客開催で1・4兆円程度減の見込み=永浜利広

    東京五輪の閉幕から一夜明け、五輪シンボルマークの前で記念撮影する人たち
    東京五輪の閉幕から一夜明け、五輪シンボルマークの前で記念撮影する人たち

    東京五輪の経済効果 失われた1.4兆円 インバウンドに期待=永浜利広

     東京五輪が閉幕した。当初は国内外から多くの観戦客が東京や日本の観光地を訪れ、宿泊・飲食・観光消費などが増加することが見込まれていたが、無観客開催になったことなどで、開催年に見込まれていた1・7兆円程度の経済効果は、0・3兆円程度に縮小したと試算される。つまり、国内総生産(GDP)は1・4兆円程度失われた可能性がある。

     経済効果が縮小した最大の要因は、開催に伴う内外の観戦客が宿泊や飲食・観光などに消費する需要が失われたことだろう。しかし、全て失われたわけではなく、無観客でも、五輪開始に伴う関係者の宿泊や飲食、警備などの需要が発生したことに加え、自宅などで観戦するためのテレビや宅配サービスなどの需要増加などによって0・3兆円程度のGDP押し上げ効果はあったとみられる。

    残り635文字(全文1006文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事