マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 出遅れた日本株、反転へ忍耐の時=三井郁男

 引き続きコロナ感染動向はリスク要因だが、ワクチン接種率が上昇すれば正常化が視野に入る。日本株は業績やバリュエーション(投資尺度)を考慮しても出遅れが大きく、見直されるまでもうしばらくの辛抱だろう。

 東京五輪前に4回目の緊急事態宣言が出て、サービス消費中心に景気の下押し圧力が続いている。一方、ワクチン接種は本格化し7月末の接種率は1回目接種を含め約4割に迫る。感染拡大に一定の抑止効果が出てくる水準に近づいた。

 景気認識は国際通貨基金(IMF)の経済見通しが7月末に更新されたが、日本の景気回復の遅れは市場に織り込まれつつある。2021年の世界の経済成長は6・0%で4月から変更はなかったものの、欧米を中心に先進国は上方修正されたが、新興国と途上国は下方修正され、ワクチン接種状況で明暗が分かれた。日本は先進諸国で唯一、下方修正(0・5ポイント)され、2・8%に引き下げられた。緊急事態宣言が相次ぎ出され、経済…

残り433文字(全文839文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事