経済・企業

米国で一番売れる「ピックアップトラック」がEV化する背景は=土方細秩子

フォードが投入するEVピックアップトラック「F150ライトニング」 (Bloomberg)
フォードが投入するEVピックアップトラック「F150ライトニング」 (Bloomberg)

GMとフォードが猛追 人気のトラックで脱ガソリン 30年に全米500万台へ=土方細秩子

 テスラが2021年後半に発売を予定していたピックアップトラック(小型トラック)「サイバートラック」への予約件数が120万台を突破した。今年前半だけでモデルY、モデル3の合計で12万台以上を販売したが、サイバートラック導入により米国EV販売で圧倒的なシェアを占める。ただし、コロナによる部品調達の遅れもあり、販売は22年にずれ込むことになった。

 チャンスがめぐってきたのが、22年にEVピックアップトラック「F150ライトニング」を発売予定のフォード・モーターと、「ハマーEV」を発売するゼネラル・モーターズ(GM)だ。

 今年5月、バイデン米大統領がミシガン州にあるフォードのEV工場を視察した際、F150ライトニングを自ら試乗して話題となった。F150ピックアップトラックは米国の年間ベストセラーで、毎年60万台以上を売り上げる。ちなみに乗用車部門のベストセラーであるトヨタカムリが30万台あまり。人気ぶりが分かる。

 そのベストセラーモデルがEV化ということで、ライトニングには10万台以上の予約が殺到。ライバルであるGMのハマーEVも、最初の予約分1万台が発表から数分で「売り切れ」になった、と伝えられている。米国でのピックアップトラックの根強い人気と、それがEV化された際のインパクトの大きさが見て取れる。

欧州向けも全EV化

 元々フォードは米国の中では最も電動化に積極的で、18年の時点で「乗用車については人気の2車種を除いてすべてEV化」という方針を打ち出し、19年には独フォルクスワーゲン(VW)と提携し…

残り492文字(全文1192文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事