経済・企業

インタビュー 丸紅・柿木真澄社長「大型投資こそがすごい」思考へ決別宣言 事業は「小さく生んで、育てる」

    武市公孝撮影
    武市公孝撮影

    Top Interview3 柿木真澄・丸紅社長 「昨年度は国内の事業会社が貢献」

     過去の大型投資への反省から、国内事業の収益基盤をしっかり強化する方針に転じている。

    (聞き手=種市房子/稲留正英・編集部)

    昨年度は国内の事業会社が貢献 事業は「小さく生んで、育てる」

    ── 投資を小型化しているようだが、考え方は。

    ■新型コロナウイルス感染拡大の影響で、海外出張ができず、2020年度は特に力を入れて、国内のいろいろな事業会社を回った。さまざまな業種やサイズがあるが、小粒なところも含め、きちんと実績を上げてくれた。そういうものの積み重ねが、昨年度の業績につながったと改めて実感した。地域別の投資先で最大は米国だが、その次は国内だ。こういう国内の事業会社が一皮むけて、少し上のランクに変身するだけで、相当なインパクトがある。

     総合商社の長所は、多様なところに事業を分散していることだ。小さい柱でも、数多く持っていることが重要なのではないか。

    ── 小さい柱は、海外でも?

    ■例えば、米国の食肉事業(クリークストーン・ホールディング)を始めたころは、「本当に商売になるのか」と思ったが、いざ、ふたを開けてみると、コロナでも金融危機でも、人はものを食べないと生きていけない。海外で小さく始めた案件でも、需要をしっかりつかんだビジネスである限り、外れはない。

    ── 米中古車販売金融のナウレイクも収益に貢献した。

    ■最初はコロナですごいダメージを受けると思ったが、米国は自動車がないと生きていけない社会。コロナでお金が限られているときに、消費者の目が新車より中古車に向いた。DX(デジタルトランスフォーメーション、デジタル化による企業・事業の再構築)を使い、申請から決済まで1分以内でできる販売金融のシステムを組んでいたことが功を奏し、我々がびっくりするような業績を上げた。

    ── 必ずしも大型投資を排除すべきではないと。

    残り2721文字(全文3521文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事