経済・企業THE MARKET

金は危機に備えてニーズ高まる=鈴木直美

    金 危機への備えで需要堅調=鈴木直美

     金相場は8月初旬に再び急落し、一時は1トロイオンス=1700ドルの大台を割り込んだ。米連邦準備制度理事会(FRB)副議長の発言や、7月の米雇用統計の予想以上の上振れなどから、米国の量的緩和縮小開始の条件が整いつつあるとの見方が強まったのが背景だ。金市場では先物中心に売りが出た。

     しかし、相場は3月の安値を割り込むことなく反発。米国では金価格が急落した6月と8月に金貨の売り上げが増加した。米データ分析企業のパランティアが、金地金を購入したことが開示資料で判明し話題にもなった。同社は「ブラック・スワンイベント(発生確率は低いが甚大な危機を招きうる事象)への備え」と説明している。

    残り135文字(全文444文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月26日号

    もう会社に頼らない FIRE資産形成術16 「不安な時代」を生き抜く 経済的独立&早期リタイア ■種市 房子18 あなたはどのタイプ? 完全リタイアも副収入も 詳細解説FIRE4パターン ■横谷 聡 フルFIRE/倹約型FIRE/サイドFIRE/スローFIRE21 目指せ1億円!? FIREへの資産 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事