経済・企業THE MARKET

ブラジル株は利上げで株安圧力=堀江正人

    ブラジル株 利上げで株安圧力も=堀江正人

     ブラジル・ボベスパ指数は6月7日に過去最高値を記録した後、下落傾向となった。新型コロナウイルスのワクチン調達を巡る汚職疑惑や、税制改革による増税懸念などが株価下落の主因とみられる。7月に入ると、コロナ感染拡大による政治経済への不安が高まり、株価は続落となった。

     一方、国際通貨基金(IMF)は7月公表の世界経済見通しで、今年のブラジルの経済成長率を5・3%と予測し、前回4月の見通し(3・7%)よりも上方修正した。ブラジルが原油や大豆など主力輸出産品の価格高騰による恩恵を受けていることと、主要貿易相手国の米国や中国の景気回復も追い風になっていることを受けての判断とみられる。

    残り150文字(全文459文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事