【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online海外企業を買う

韓国LG電子はスマホ事業で中国勢に敗北、EV車載部門を強化

米国のデジタル技術見本市で講演するLG電子幹部 Bloomberg
米国のデジタル技術見本市で講演するLG電子幹部 Bloomberg

LG電子 EVに注力する韓国電機大手=永井知美/354

 ◆LG Electronics

 LG電子は、1958年設立の韓国の家電・情報機器メーカーで冷蔵庫、洗濯機、テレビ、パソコン、車載部品などを手掛けている。142カ国(2019年時点)に事業展開し、家電の世界シェアは薄型テレビ2位、洗濯機4位、(20年の販売台数ベース。英ユーロモニターインターナショナル調べ)。

 LG電子は韓国4位(総資産ベース。19年時点)の財閥・LGグループの一角である。グループが電機分野に進出すべく設立された金星社を源流とし、韓国で初めてラジオ(59年)、冷蔵庫(65年)、テレビ(66年)を生産するなど韓国の家電メーカーの草分け的存在だ。

 21年4月、不振のスマートフォン事業からの撤退を表明したが、主力の家電事業は近年の高付加価値戦略が功を奏して好調である。部門別売上高構成比率は白物家電(冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど)38%、テレビ/AV機器23%、車載部品10%、パソコン/モニターなど10%、連結子会社のLGイノテック(電子部品メーカー)15%など(21年1~6月期の数値)である。

中国勢と競争へ

 LG電子が金星社として発足した頃の韓国製品は、「安かろう悪かろう」のイメージが強かった。しかし、LG電子と社名を変更した95年ごろから欧米アジア市場で日本メーカーから家電のシェアを奪い、13年にはスマホの世界シェアで4位(米IDC調べ)となるなど、質と量の両面で世界的プレゼンスを高めていった。躍進の背景には、(1)先進国メーカーから技術を貪欲に吸収した、(2)デジタル化の進展で電気製品の多くが部品を組み合わせれば完成する時代になり、後発メーカーのLG電子に有利に働いた、(3)積極的な海外進出、(4)東南アジアで「蚊よけ機能を持つエアコン」を販売するなど、現地のニーズに合わせて巧みな商品開発をすすめたこと──…

残り2096文字(全文2896文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事