週刊エコノミスト Online闘論席

自民党の大罪 「悪夢の3年」より「悪夢の30年」=古賀茂明

    Bloomberg
    Bloomberg

    古賀茂明の闘論席

     岸田文雄政権が誕生し、予算委員会も開かないまま衆議院の解散総選挙となった。政権発足直後に「この岸田にお任せいただけるのかご判断いただきたい」と言うが、国民は何を判断材料にすればよいのか。

     各党の公約は重要な判断材料のはずだが、与野党ともに財源の裏打ちのない耳に心地よいバラマキ政策を競い合うので、あまりあてにはできない。そこで、将来を占ううえで、一番重視すべきなのは、実は過去の実績だ。

     与野党の過去の実績というと、とかく民主党政権の失敗をあげつらう向きが多い。安倍晋三元首相が多用した、民主党政権の「あの悪夢の3年間」というフレーズがその象徴だ。そして、面白いことに、旧民主党の議員の中にも、いまだに「あの3年間の失敗の反省の上に立ち」というようなことを「誠実そうに」強調する議員がいる。

    残り467文字(全文821文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月7日号

    東証再編サバイバル18 収益性底上げへの“荒業” 日本株再起動の起爆剤に ■稲留 正英/中園 敦二24 インタビュー1 再編の狙いに迫る 山道裕己 東京証券取引所社長 「3年後には『経過措置』の方向性 プライム基準の引き上げもありうる」27 やさしく解説Q&A 東証再編/TOPIX改革/CGコード改 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事