週刊エコノミスト Online闘論席

トレードオフ関係にある人間の健康と地球の健康=池谷裕二

    撮影 中村琢磨
    撮影 中村琢磨

    池谷裕二の闘論席

     先進国では健康リスクの第1位は、食事に関連したリスクである。つまり、食生活の管理は健康の維持への最短経路である。「富裕層はかっぷくがよい」というイメージは昔の話。現代では肥満はむしろ貧困層に蔓延(まんえん)している。どちらかといえば富裕層ほど健康に気を使う傾向があり、体形もスレンダーだ。米国での調査によると、所得や教育水準の高い人は、野菜や穀物、ナッツ、未加工の赤身肉など、いわゆる健康的な食材を好み、砂糖の摂取が少ない傾向が見られる。

     それならば健康的な食スタイルを世間に広く教育したらよい──。そう考えたくなるところだが、中国・清華大学の刘竹博士らは「この判断は性急だ」と指摘する。博士らは、2005年から16年にかけて行われた米国国民健康・栄養調査(NHANES)のデータを調べ、食生活が環境に与える影響を割り出した。食料はしばしば農業や放牧に依存しており、地球の生態系に負荷がかかる。解析の結果、1人の食事をまかなうために、1日…

    残り393文字(全文821文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事