週刊エコノミスト Online

首都圏人気路線の安全度第2弾~東急目黒線、横浜ブルーラインでリスクの低い駅は?

東急目黒線の不動前駅は浸水想定区域外にある
東急目黒線の不動前駅は浸水想定区域外にある

一戸建てやマンションを購入したり、住み替えをしたりするとき、路線や駅から候補物件を探す場合が多い。首都圏人気路線駅別の「災害リスク」を探る第二弾。今回は東急目黒線、横浜市営地下鉄ブルーラインの2路線を見てみた。

【東急目黒線】洗足、不動前が狙い目

 東急目黒線は、武蔵野台地の地下にある目黒駅を出発すると、目黒川の谷を越えて不動前駅から再び台地を通り抜け、西小山駅などで谷を越えつつ、多摩川駅に向けて多摩川沿いの低地に下る。多摩川を渡って川崎市に入り、元住吉駅を過ぎると再び台地を上り、日吉駅に到着する。

 水害リスクは、不動前駅、武蔵小山駅、洗足駅、田園調布駅といった台地上の駅が浸水想定区域外で(表1)、同じく台地上にある日吉駅、大岡山駅などもリスクが低い。一方、多摩川などの低地や谷底にある新丸子駅、武蔵小杉駅、元住吉駅などは浸水想定区域内にあり、同じ路線でもはっきりと明暗が分かれる。

残り527文字(全文920文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事