マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 株式市場、岸田政権に改革を催促=三井郁男

     岸田文雄首相が就任し、成長志向が弱く構造改革に慎重との受け止めや、「金融所得課税」引き上げ案などマイナス心理が市場に広がり、菅義偉前首相の辞意表明後の株価上昇分を吐き出した。経済対策の策定前に衆議院選挙となるが、投資家が日本の変化期待を高めるには具体的な「成長戦略」に加え大胆な「規制緩和」と「構造改革」が必要だろう。

     国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界経済見通しを改定したが、実質成長率の見通しは5・9%と前回7月の予測から0・1ポイント引き下げた。新型コロナの感染再拡大による供給制約が響き、生産が抑制され成長に下振れリスクがあり、インフレ長期化にも懸念を示した。

    残り569文字(全文858文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事