マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 株式市場、岸田政権に改革を催促=三井郁男

 岸田文雄首相が就任し、成長志向が弱く構造改革に慎重との受け止めや、「金融所得課税」引き上げ案などマイナス心理が市場に広がり、菅義偉前首相の辞意表明後の株価上昇分を吐き出した。経済対策の策定前に衆議院選挙となるが、投資家が日本の変化期待を高めるには具体的な「成長戦略」に加え大胆な「規制緩和」と「構造改革」が必要だろう。

 国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界経済見通しを改定したが、実質成長率の見通しは5・9%と前回7月の予測から0・1ポイント引き下げた。新型コロナの感染再拡大による供給制約が響き、生産が抑制され成長に下振れリスクがあり、インフレ長期化にも懸念を示した。

残り569文字(全文858文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事