マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント 9月の鉱工業生産(10月29日) 自動車減産の影響色濃く=上野剛志

 10月29日に経済産業省が公表する9月の鉱工業生産指数(速報)では、自動車減産の影響がどこまで拡大するかが注目される。

 8月の鉱工業生産指数(確報・季節調整値)は前月比マイナス3.6%と2カ月連続で減少し、経産省は生産活動の基調判断を「持ち直している」から「足踏みをしている」へと下方修正した。業種別の内訳では、規模の大きい自動車工業が前月比マイナス15.2%と大きく落ち込み、生産全体をマイナス2.3%も押し下げた。長引く半導体不足に加え、東南アジアでのコロナ感染拡大によって部品調達難が深刻化したためだ。また、これまで比較的好調であった生産用機械…

残り415文字(全文691文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事