国際・政治

中国7〜9月期GDP プラス幅が大きく縮小 コロナ・資源高が響く=丸山健太

10月の大型連休「国慶節」でも、観光客数は前年割れとなった Bloomberg
10月の大型連休「国慶節」でも、観光客数は前年割れとなった Bloomberg

 中国の7〜9月期実質GDP(国内総生産)成長率が10月18日に公表され、前年比プラス4・9%と、4〜6月期の7・9%から大きく鈍化した。昨年の落ち込みの反動による押し上げ効果がなくなったとはいえ、コロナ前に6%程度の成長率を維持していたことを踏まえると、中国の景気減速を示す内容となった。

 この背景には三つの要因がある。

 一つ目は、新型コロナウイルスの流行による対面型サービス消費の低迷である。今年2月以降、中国は感染拡大の抑制に成功していたが、7月以降、広東省や福建省でクラスターが発生し、9月の3連休(中秋節)の国内旅行者は2019年の9割弱の水準にとどまっている。

 二つ目は、世界的な半導体不足の影響による製造業の一部業種での減産だ。特に産業のすそ野が広い自動車への影響が大きく、自動車生産は6月以降、前年比2桁のマイナスが続いている。また、冷蔵庫や洗濯機といった白物家電、スマートフォンなどの生産も、8月にそろって前年割れとなった。

 三つ目は、企業の収益環境の悪化である。原油など資源・エネルギー価格が高騰する中、企業の部品・原材料の調達価格は上昇が続く一方、製品の出荷価格の上昇は小幅にとどまった。とりわけサプライチェーンの「下流」にある業種の企業や、中小零細企業は価格転嫁が難しく、コスト増が経営を圧迫している。

年末はさらに減速

 今後はこれらの要因に加えて、中国恒大集団の経営不安にみら…

残り312文字(全文912文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事