テクノロジー

ヘルステックでも王者狙うGAFAM、医療ベンチャーなど次々買収=土方細秩子

    膨大な顧客データを持つ巨大テック企業と遠隔医療の相性は抜群だ Bloomberg
    膨大な顧客データを持つ巨大テック企業と遠隔医療の相性は抜群だ Bloomberg

    米巨大IT 次の鉱脈は「ヘルスケア」 膨大な健康データを活用=土方細秩子

     急成長中の医療領域のDX(デジタルトランスフォーメーション)。中でも注目分野のテレヘルス(遠隔医療)でGAFAM(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)の存在感が増している。

     米国では新型コロナウイルスの流行で通院が困難になったことを背景に、遠隔医療サービスの利用者が急増。ブロードバンド回線のある家庭の64%が遠隔医療を利用(2021年6月時点)し、普及している。米調査会社グローバル・マーケット・インサイトによると、同分野の世界市場は20年の1420億ドル規模から27年には4270億ドル規模への成長が見込まれるなど、更なる成長が期待されるという。

     GAFAMは、ヘルスケア関連の産業に目を付け、投資やベンチャー買収を行ってきた。遠隔医療はDaaS(データ・アズ・ア・サービス)とも呼ばれるほど、データ集積が重要で、ビッグテック企業との相性がいい。GAFAMが有する膨大な顧客データ、通信サービスを活用すれば、例えば、AI(人工知能)による診断の正確さを増すことに貢献ができる。

    医療ベンチャーを買収

     最も積極的なのがアマゾンで、他社と合弁で独自のヘルスケア事業を立ち上げた。配送サビースに関わる事業を活用し、ヘルスケア関連の検査キットや医薬品の配送などを通じた健康管理サービスが検討されている。

     ア…

    残り417文字(全文1017文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事