国際・政治

拡大する格差を看過できず、習近平は「共同富裕」を進める=三尾幸吉郎

    共同富裕 看過できなくなった「格差」 習氏の真意は毛沢東と一線=三尾幸吉郎

     中国で富裕層に対する締め付けが厳しさを増している。アリババなどの巨大企業や著名芸能人に高額な罰金を科したり、富裕層に対して「第3次分配」(高額の寄付)を事実上要求したりしている。こうした動きの背景には貧富の格差拡大がある。国際連合開発計画の報告によれば、中国では上位1%の富裕層が得ている所得が全体の13.9%に達している。

     これは米国の20.5%ほどではないが、自由資本主義の日本・欧州よりも高く、「社会主義」を標榜(ひょうぼう)する中国にとっては看過できない大問題である(図)。そして習近平政権は社会主義の本質的要求である「共同富裕(共に豊かになる)」に向けて動き出すこととなった。共同富裕という言葉は、中国建国の父・毛沢東が1953年に使い始めた。分かりやすかったため、社会主義に向けて庶民を結束させる求心力となった。

     一方、後に改革開放の総設計士として中国を世界第2位の経済大国に導くことになる鄧小平は、毛沢東の死後、「先富論」と称する基本原則を唱えることになる。先富論では、「一部の地域や一部の人々が先に富を得てもよく、後で他の地域や他の人々を助けて、徐々に共同富裕に到達することにしよう」と主張し、まずは経済発展を急ぎ、それが軌道に乗ったあとに共同富裕を目指すこととした。

     鄧小平は共同富裕を軽視してはいなかったが、毛沢東が目指す絶対平等主義の共同富裕を進めると、共同富裕にならず「共同貧困」に陥りかねないという懸念を抱いていた。そこで問題となるのが、習近平国家主席の共同富裕に対する真意である。今年8月17日に…

    残り989文字(全文1689文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事