マーケット・金融THE MARKET

長期金利 上昇余地には限界か=丹治倫敦

     原油など資源価格の上昇や供給制約により、国際的にインフレ懸念が高まっており、先進国の長期金利は上昇を続けている。日本の10年国債利回りも、約半年ぶりに0・1%まで上昇している。一方で、最近の原油などの資源先物価格は、期先物と期近物との価格差拡大が期近物上昇の行き過ぎを示唆しており、価格上昇の継続性には疑問もある。

     日本は足元のインフレ率が日銀のインフレ目標よりも極めて低い状況なので、当面は本格的な金融緩和の解除は見込みづらい。このため他の先進国に比べて、金利の上昇が遅れやすい。海外金利に追随する形での金利上昇に一役買ってきた海外投資家の売却圧力も今後、国債保有量減少につれて一巡する可能性がある。

    残り118文字(全文420文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事