国際・政治深層真相

財務省の主計局次長に凱旋復帰 復興庁の福島関連予算を〝縮小〟に持ち込んだ「スーパー査定官」

財務・主計局次長に復帰 復興庁の「スーパー査定官」

 岸田政権の誕生を受けて、財務省は主計局次長の宇波弘貴氏(1989年大蔵省入省)を首相秘書官に送り出した。宇波氏の後任として主計局次長に就いたのが、復興庁へ統括官付審議官として出向していた阿久沢孝氏(91年同)だ。開出英之次官(86年自治省入省)より権力があるともささやかれた「スーパー査定官」だ。

 阿久沢氏は財務省主計官として、地方財政や医療、社会保障予算を査定した経歴を持つ。予算要求側の総務省や厚生労働省から、妥協の余地がない査定が恐れられた。その存在感を出向先の復興庁でいかんなく発揮したのが、今夏発表された2022年度の概算要求案だった。福島の沿岸部で創造的復興を目指す「国際教育研究拠点」関連事業を、21年度当初予算で新規で2億円計上したのにもかかわらず、22年度概算要求は額を盛り込ま…

残り239文字(全文613文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事