国際・政治深層真相

財務省の主計局次長に凱旋復帰 復興庁の福島関連予算を〝縮小〟に持ち込んだ「スーパー査定官」

    財務・主計局次長に復帰 復興庁の「スーパー査定官」

     岸田政権の誕生を受けて、財務省は主計局次長の宇波弘貴氏(1989年大蔵省入省)を首相秘書官に送り出した。宇波氏の後任として主計局次長に就いたのが、復興庁へ統括官付審議官として出向していた阿久沢孝氏(91年同)だ。開出英之次官(86年自治省入省)より権力があるともささやかれた「スーパー査定官」だ。

     阿久沢氏は財務省主計官として、地方財政や医療、社会保障予算を査定した経歴を持つ。予算要求側の総務省や厚生労働省から、妥協の余地がない査定が恐れられた。その存在感を出向先の復興庁でいかんなく発揮したのが、今夏発表された2022年度の概算要求案だった。福島の沿岸部で創造的復興を目指す「国際教育研究拠点」関連事業を、21年度当初予算で新規で2億円計上したのにもかかわらず、22年度概算要求は額を盛り込ま…

    残り239文字(全文613文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月14日号

    税務調査 あなたの資産も丸裸18 「やりすぎ」節税は許さない 厳しく追及される富裕層 ■加藤 結花21 タワマン 過剰な節税は狙われる ■村田 晋一郎22 海外資産 86カ国・地域との情報交換が端緒 ■高鳥 拓也24 生前贈与 最強の節税策が使えなくなる前に ■山崎 信義27 見逃しがちな広大地還付 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事