経済・企業深層真相

外資の日本工場が貢献 半導体生産能力は3位

 日本の半導体メーカーの世界市場でのシェアは10%まで低下し、IC(集積回路)に至っては6%まで低下している。

 ところが米調査会社IC Insightsによると、半導体の地域別生産能力では、日本は台湾、韓国に次ぎ3位にある。地域別シェアは、1位の台湾が21・4%、2位の韓国が20・4%、そして3位が日本の15・8%、以下は中国が15・3%、北米が12・6%、欧州が5・7%と続いている。日本は成長著しい中国を上回っている。

 日本のシェア押し上げの要因は、外資系半導体メーカーの日本工場で、その多くは日本メーカーの事業撤退に伴い、外国企業に買収されたものだ。広島県東広島市には米マイクロン・テクノロジーの工場(旧エルピーダメモリ)=写真=があり、三重県桑名市には台湾のファウンドリー(製造受託会社)のUMCの工場がある。さらに福島県会津若松市と茨城県美浦村には米テキサス・インスツルメンツ(TI)の工場、また会津若松市には米…

残り118文字(全文530文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事