投資・運用

「プライム落ち」当落線上の銘柄は「計画書」に要注目=小林大純

投資アイデア プライム基準の当落線上 企業の「計画書」に要注目

 来年4月の東京証券取引所の市場再編をもとにした投資アイデアが、いくつも取り沙汰されている。その一つとして「プライム市場上場を目指す株式時価総額100億円前後、ないしそれ未満の銘柄」が有望と考えられる。

 プライム市場の上場維持基準の一つに「流通株式時価総額100億円以上」とあるが、時価総額そのものが100億円前後の当落線上、あるいはそれに届いていない銘柄は、プライム上場のために積極的な企業価値向上策が求められることになるからだ。

 例えば、システム開発を手掛け、株式時価総額70億円(今年11月9日時点)のニーズウェル。同社がすでに提出した「計画書」を見ると、プライム上場基準の適合実現に向けた考え方やスケジュールがかなり精緻に計画されている印象を受ける。

残り853文字(全文1213文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事