【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

長期金利 国債増発は長期優先か=丹治倫敦

 政府の追加経済対策が11月19日に閣議決定されたことで、国内債券市場では、国債発行計画の変更が注目されている。

 追加経済対策は、今年度補正予算、来年度予算合わせて国の支出が40兆円を超える大規模なものであり、国債の増発は確実な状況だ。しかし、本稿執筆時点でどの年限の国債を増発するかは明確になっていない。

 市場では短期国債の増発のみで賄えるとの見方もあるが、コロナ禍以降の国債平均発行年限の短期化が著しく、これ以上の短期化に歯止めをかけるという観点からは、長期・超長期国債が優先されてもおかしくない。

残り165文字(全文416文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事