経済・企業THE MARKET

日銀短観12月調査、強弱材料の綱引きに=上野剛志

    今週のポイント 日銀短観12月調査(12月13日) 強弱材料の綱引きに=上野剛志

     12月13日に公表される日銀「全国企業短期経済観測調査(短観)」の12月調査は強弱材料が綱引きする形になりそうだ。前回9月調査では、製造業(全規模)の景況感改善ペースが鈍化し、非製造業では横ばいにとどまった。

     前回調査以降、国内では緊急事態宣言が解除され、その他行動制限も緩和したことで人出が持ち直しつつあり、回復が遅れてきた対面サービス業への逆風が弱まってきている。一方、製造業では半導体などの部品不足が長引いていることが景況感の重荷になる。

     また、原材料価格の高騰も、価格転嫁の進む一部加工業種以外で幅広く景況感の重しになりそうだ。実際、10月の国内企業物価指数は前年比8.0%増と約40年ぶりの伸びを示す一方、消費者物価指数(生鮮食品除く)は同0.1%増にとどまっており、コスト増の大半を企業部門が負担する形になっている。企業の事業環境はあまり改善していないとみられることから、景況感も総じて停滞しそうだ。

    残り287文字(全文734文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事