経済・企業

コロナ禍で大打撃を受けた西武HDの起死回生の一手とは=河野圭祐

    ステップアウト設立を発表する西武HD後藤高志社長(左)とR.project丹埜倫社長 西武HD提供
    ステップアウト設立を発表する西武HD後藤高志社長(左)とR.project丹埜倫社長 西武HD提供

    西武HDの事業進出 未開拓の保有地を有効活用 「飽時ニーズ」を掘り起こす=河野圭祐

     西武ホールディングス(HD)では2017年4月、新事業を発掘すべく「西武ラボ」という組織を発足させているが、コロナ禍を通じ、アフターコロナまで見据えて出した答えの一つがアウトドア事業だ。

     今年10月、西武造園が51%、アウトドア事業を手がけるベンチャー企業R.projectが49%を出資し設立した合弁会社ステップアウトが、そのアウトドア事業を担う。同事業のプロジェクト発表会には、西武HDの後藤高志社長自ら出席する力の入れようだ。

    「海外の投資家向け説明会で欧米やアジア各国を回った際、通訳をしてくれたのが丹埜段(たんのだん)さんという方で、今回組んだR.projectの丹埜倫(ろん)社長は、その弟というご縁です」(後藤氏)

     アウトドア市場が日本でも成長していることから、後藤氏は丹埜氏が手がけるアウトドア事業を知るや、すぐさま部下に接触するよう指示。結果、手掛ける公園整備が480施設に及ぶグループの西武造園と、キャンプ場の検索・予約サイトトップの「なっぷ」等を運営するR.projectがタッグを組むこととなった。

    REITも展開

     ステップアウトの役割は、バーベキューなどを楽しめる公園整備をアウトドアの入り口に、本格的なキャンプ場へも送客していくのが柱だが、後藤氏は「我々には未開拓の遊休地も多く、今後は本格的に有効利用を考えていきたい」とも語っている。

     実際、西武グループが国内で保有する土地の総面積は1億3…

    残り748文字(全文1398文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事