経済・企業THE MARKET

原油市場は年内は供給不足がまだ続く=柴田明夫

原油 上値重い展開か=柴田明夫

 米ニューヨークWTI原油価格は、11月末にかけて1バレル=66ドル台まで売り込まれた。11月の高値85ドル超から2割もの下げだ。

 米国や日本、韓国、中国など主要石油消費国による石油備蓄の放出方針に加え、新型コロナウイルスの新たな変異株(オミクロン株)の感染拡大が影響している。原油先物市場では投資家心理が一気に冷え込んで…

残り266文字(全文442文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事