【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 米中対立激化で半導体関連に物色=三宅一弘

 2022年は米国が11月に中間選挙、中国が秋に5年に1度の共産党大会を開催する。反中国世論が強く、支持率低下のバイデン大統領は中国封じ込め政策を進める可能性が高い一方、慣例を破って3期目を固めたい習近平総書記は米国に屈しない姿勢を人民にアピールするだろう。米中関係は対立の様相が一段と強まりそうだ。

 1990年前後の東西冷戦終結以降、世界経済はヒト・モノ・カネの移動が国境を越えて活発化するグローバル化が進展してきた。ところが、米中対立が強まり、コロナ禍による移動制限や戦略物資の自国生産要請などが加わり、米国と中国それぞれが相手陣営に頼らないブロック化の様相を強めている。特に半導体を典型とするハイテク分野の供給体制の再構築の動きが顕著になってきた。日本政府も「経済安全保障」…

残り512文字(全文852文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事