経済・企業

トヨタのEVシフトで市場が注目する18社=和島英樹

 トヨタ自動車が2021年12月に30年のバッテリー式電気自動車(BEV)のグローバル販売台数を従来の200万台から350万台とする上方修正を発表した。株式市場ではEV関連株を見直す契機となっている。

 年間約1000万台を売るトヨタにとってはEV比重の調整ともとれるが、350万台は独ダイムラー、スズキ、仏PSAの各年間販売台数に匹敵する。従来電池で1兆5000億円としていた研究・開発投資も2兆円に増額。車両開発を合わせれば4兆円を見込んでいる。

残り651文字(全文875文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事