マーケット・金融THE MARKET

1㌦=115円台試す=高島 修

ドル・円 1ドル=115円台試す=高島修

 2021年12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で連邦準備制度理事会(FRB)は資産買い入れ減額の前倒しを決定。22年の利上げ回数も3回に引き上げた。中間選挙に向けてバイデン大統領は雇用回復より、インフレ抑制を優先課題に挙げ、パウエル議長率いるFRBも呼応し、金融正常化を急ぎ始めている。

 FRBが示した資産買い入れ減額を進めるタカ派姿勢への為替市場の反応は、今までのところ限られる。引き締め警戒感から米株高が一服し、米金利上昇が勢いを欠いていることが一つの理由だろう。明確にリスクの低い金融商品(安全資産)に移すリスクオフ相場に転じたことが確認できるわけでもなく、リスク回避的な円高が進行しそうな状況でもない。

残り135文字(全文463文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事