マーケット・金融THE MARKET

長期金利は当面0~0.1%で推移=丹治倫敦

長期金利 当面は0~0.1%程度=丹治倫敦

 政府の大規模な追加経済対策に伴う国債の大量増発が回避される公算が大きくなったことで、日本の国債市場は変動材料を失った。

 2022年前半は海外に遅れた格好で、消費者物価指数(CPI)の前年比での上昇が見込まれるが、日銀にとっては2%物価目標の達成が視野に入る状況ではない。海外の中央銀行とは異なり、金融緩和策から本…

残り269文字(全文447文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事