投資・運用

高級感にはストーリーが必要、したたかなスイス時計産業=ドンゼ大阪大学大学院教授インタビュー

    ピエール・イブ・ドンゼ 大阪大学大学院経済学研究科教授

     <INTERVIEW>

    「スイス時計産業の強さの秘密はストーリーを“作る”戦略にある」

     時計産業史に詳しいスイス人研究者に、母国の花形産業の実情を聞いた。

    (聞き手=浜田健太郎・編集部)

    ── スイス製時計の輸出が好調だ。

    ■理由は二つある。一つは中国人による購買が爆発的に増えたことだ。2000年に4500万スイスフラン(約57億円)だった中国向けのスイス時計の輸出金額が、20年には53倍の24億スイスフラン(約3000億円)にも増えた。輸出だけではなく、中国人観光客が世界各地に旅行してそこで買う金額も大きい。その押し上げ効果もあり、00年から新型コロナウイルス禍前の19年にスイス製時計の輸出金額は2倍に増えた。もう一つの要因は、経済格差の拡大だ。富裕層がより豊かになる傾向が顕著になったことが影響している。

     時計販売が好調な理由は、メーカー側にとっての外部要因だけではない。メーカー側は金額を高く設定して、わざわざ販売量を少なくする戦略を採っている。「リシャール・ミル」「オーデマピゲ」「パテックフィリップ」などが該当し買う側は「いつかは欲しい」という渇望感が高まっていく。

    「超高級品」が台頭

    ── 高級な機械式時計は大量生産できない印象があるが、実際はどうか。

    ■作れるはずだ。ある高級メーカーの社長にインタビューした際は、「我々は職人集団だからたくさんは作ることができない」と答えていたが、過去20年間で作る量は増えている。スイスのメーカーは常にストーリーを作る。雑誌やネットでの社長インタビューの発言の全てを信じないほうがいい。

    ── 高級ブランドはどこも歴史を強調する。

    ■実際に起きた出来事を取捨選択して、ヘリテージ(遺産)にする。「オメガ」は170年以上、イノベーションを続けてきた企業だと強調する。人類が初めて月面着陸したときに装着されていたし、オリンピックでの公式スポンサーを長年続けて、競技の計測に使われた。同じスウォッチグループの「ロンジン」も、かつてはオリンピックの競技で計測していたが、いまはスタッフが五輪について話をするのは…

    残り828文字(全文1728文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事