【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

投資・運用THE MARKET

金は底堅い推移が続く=鈴木直美

金 底堅い推移が続く=鈴木直美

 米ニューヨーク金相場は、1トロイオンス=1800ドル前後の狭いレンジに収れんしつつある。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融緩和縮小前倒しを織り込んでもなお相場は底堅く、膠着(こうちゃく)を脱すれば見直し買いも見込める。ただし、インフレ抑制・金融引き締めが市場の大きなテーマとなる中で、金には上値の重さも残りそうだ。

 2021年はインフレヘッジや安全資産の代表格ともいえる金の影は薄かったが、金が役割を失ったわけではない。金地金・金貨の需要や中央銀行の金購入は活発だ。ただ、00年代に現物金地金を証券化した金上場投資信託(ETF)が登場し、金融危機後に人気の金融商品となったように、20年代は仮想通貨やNFT(非代替性トークン)などの無形資産まで取引可能になり、資金の行き場が分散した可能性がある。FRBは利上げだけ…

残り97文字(全文471文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事