マーケット・金融

米国消費者物価急上昇で日本にインフレ襲来?好環境へのカギは賃上げ=熊野英生

    インフレ襲来 米国で39年ぶりの急上昇 日本の好循環の鍵は「賃金」=熊野英生

     米国のインフレ(物価上昇)傾向がより強まってきた。2021年12月の米消費者物価指数は、前年同月比7・0%の上昇となり、1982年6月以来の伸びになった。実に39年ぶりのインフレだ。驚いたのは原油関連が、前月比でマイナスに寄与しても指数が上昇していたことだ。原油市況は、バイデン政権が備蓄原油の放出を発表し、新型コロナウイルスのオミクロン株流行によって反落していた。にもかかわらず、中古車・新車などの価格上昇は進んだ。

     日本にも、米国発の物価上昇圧力は及んでくる。輸入品の物価は、国際商品市況の強い影響力を受ける。

    残り975文字(全文1271文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事