資源・エネルギー深層真相

最後の砦に託した再建 道は険しい東電の原発

 東京電力ホールディングスは柏崎刈羽原発(新潟県)で相次いで発覚したテロ対策の不備の問題を受け、稲垣武之常務を原子力・立地本部長(柏崎刈羽原発所長も兼務)に起用した。稲垣氏は福島第1原子力発電所事故の収束作業を指揮した故・吉田昌郎氏の側近として知られ、いわば原子力部門の「最後の砦(とりで)」だ。小早川智明社長=写真=は稲垣氏に原子力の再建を託したが、険しい道のりは増している。

 相次ぐ不祥事の影響は甚大で、7号機の再稼働は早くても今年10月に後退。稼働できても安全対策費として2030年度までに追加で4100億円を投じる必要がある。以前と比べて収支改善効果は1基当たり500億円に半減した。22年3月期連結決算は、最終(当期)損益を前回予想の670億円の黒字から160億円の赤字に下方修正。一方で、事故の賠償や廃炉などに必要な21・5兆円の事故処理費が重くのしかかる。

残り163文字(全文548文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事