経済・企業深層真相

日立物流の保有株入札、日立製作所が業を煮やした理由

    日立物流株の入札実施 業を煮やした日立製作所

     日立製作所が約40%出資する日立物流の全保有株式の売却に乗り出し、昨年12月下旬に1次入札を締め切った。時価総額約4500億円の大型取引に参加したのは、外資系投資ファンドのKKRやブラックストーンのほか、一部の事業会社。いずれも日立製作所の持ち分だけでなく日立物流株すべてを取得する意向で、東証1部の日立物流は上場廃止になる可能性がある。

     ただ、日立物流の中谷康夫社長が非上場化に反対の意向とされ、売却はすんなりとは進まないとの見方がもっぱらだ。非中核分野の日立物流株を早期に売却したい日立製作所の意向とは裏腹に、中谷社長には現在の株主構成が居心地がいい…

    残り217文字(全文517文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月7日号

    コロナ、市場急変… 強い弱い 地銀&メガ14 金利急騰で多額の含み損 晴れないコロナ後の視界 ■荒木 涼子/桐山 友一16 インタビュー 片岡達也 横浜銀行頭取 「返済始まるコロナ融資を注視 逆ざやの外債から損切り」2022年3月期 全99行ランキング ■編集部17 有価証券評価損益19 経費率(O [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事