国際・政治

緊迫ウクライナ、欧州秩序にプーチン大統領の挑戦状=鶴岡路人

    ウクライナのゼレンスキー首相(2021年12月、ブリュッセルで) Bloomberg
    ウクライナのゼレンスキー首相(2021年12月、ブリュッセルで) Bloomberg

    国境に軍10万人 緊迫!ウクライナ情勢 ロシアの欧州への挑戦状=鶴岡路人

     ウクライナをめぐってロシアと米国、北大西洋条約機構(NATO)の間で緊張が高まっている。

     問題の発端は、ウクライナ国境付近への10万人を超えるロシア軍の結集だった。そうした中でロシアは、昨年12月に米国とNATOに対して、それぞれ条約の締結を提案し、NATOのさらなる拡大の禁止などを求めた。

     この結果、議論の焦点がロシア軍の結集から、NATOのさらなる拡大問題にすり替わってしまった感がある。しかもロシアは条約案への迅速な回答を求めており、議論のペースは完全にロシア主導の様相だ。しかし、ウクライナのNATO加盟問題には何らの進展もないため、それを今回の緊張勃発の直接の原因とするのは無理がある。

    残り726文字(全文1062文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事