マーケット・金融THE MARKET

ドル上値の重く=高島修

ドル・円 ドルの上値重く=高島修

 インフレ抑制にかじを切った米バイデン政権に呼応するかのごとく、パウエル議長率いる米連邦準備制度理事会(FRB)は資産買い入れ減額を進めるタカ派スタンスを強めている。今やFRBは3月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で資産買い入れを終了させるとともに、利上げに踏み切るとの見方が市場で優勢だ。

 米金利は年初から急上昇しているが、興味深いことにこの金利上昇に為替相場はドル高で反応していない。金利上昇を嫌気した米株は調整色を強め、本来ならリスク回避的に全般的なドル高が生じてもおかしくないが、今までのところそれも不発に終わっている。

残り176文字(全文457文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事