投資・運用THE MARKET

小麦が需給ひっ迫で相場を引っ張る=柴田明夫

穀物 小麦が逼迫する新展開=柴田明夫

 年明けのシカゴ穀物市場は、大豆が1ブッシェル=13・78ドル、小麦が同7・70ドル、トウモロコシが同6・09ドルでスタート。昨年5月の高値から約2割安いが、小麦は上昇している。

 市場は引き続き、小麦がけん引する形で7年ぶりの高値圏で推移している。

 米農務省によると、2021/22年度(21年8月~22年7月)の米国の小麦…

残り272文字(全文452文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

1月31日号

NISA徹底活用術14 1からわかる 新旧NISAの使い方 ■深野 康彦16 新NISA 無期限に非課税枠を拡大18 60、70代の戦略 手堅く配当金狙い生活費の一部に20 NISAで狙う1 デフレマインドを大きく転換 巨額資本は日本株に向かう ■武者 陵司23 NISAで狙う2 投資の基本戦略は変 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事