投資・運用THE MARKET

米1月の消費者物価指数、供給制約背景に高インフレが持続=窪谷浩

今週のポイント 米・消費者物価指数(2月10日) 供給制約背景に高インフレ続く=窪谷浩

 2月10日に米国で1月の消費者物価指数(CPI)が公表される。2021年末からオミクロン株の感染が急拡大しており、これまでインフレを押し上げた供給制約や物価への影響をみる上で注目される。

 昨年12月のCPIを振り返ると、総合指数は前年同月比7.0%上昇し、1982年6月以来およそ39年半ぶりの水準となった。また、物価の基調を示すエネルギーと食料品を除いたコア指数も同5.5%伸び、こちらは91年3月以来およそ31年ぶりの水準となり、インフレ圧力の高…

残り405文字(全文674文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事