テクノロジーAI図解 日本の未来

第53回 鉄鋼業生産指数/非鉄金属工業生産指数=ゼノデータ・ラボ

鉄鋼業生産指数 半導体不足解消で回復へ

 AI「ゼノインデックス」は経済産業省が1月末に発表する昨年12月分の鉄鋼業生産指数(原指数)について、89・0まで下がると予測した。その後は回復に向かい、今年3月には95・9まで上昇するが、推移としては新型コロナウイルスの感染拡大前(2019年)と同程度かやや劣る水準となる。昨年11月の実績は前月比9%の上昇だった。輸送機械の生産改善が寄与したことで、初めて19年同期比でのプラスとなった。

 AIの分析によると、22年以降のプラス要因は半導体不足の回復傾向だ。鉄鋼原料の出荷拠点である豪州、ブラジルは1月15日に海底火山が噴火したトンガと同じ南半球だが、今のところ出荷への影響はないとみられる。一方、日本国内ではまん延防止等重点措置の適用により、工場の稼働停止など生産面での影響に注意が必要だ。

残り458文字(全文826文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事