経済・企業深層真相

副社長なき三菱商事の常勤監査役は新たな権力者に?

三菱商事の常勤監査役は社内の「新たな権力者」?

 4月1日付で社長が垣内威彦氏から現常務執行役員の中西勝也氏に交代する三菱商事。6月の株主総会後には常任監査役・常勤監査役を計4年間勤めた内野州馬氏が退任し、現複合都市開発グループCEO(最高経営責任者)の鴨脚(いちょう)光真常務執行役員=写真=が就く。三菱商事には現在、常勤監査役が2人おり、いずれも同社の常務執行役員出身だ。

 かつて、常勤の監査役ポストには副社長経験者が就くことが多く、社内では「副社長以上社長以下」と呼ばれた。しかし、垣内社長時代に副社長は空席となっており、常勤の監査役の人材供給源の副社長がいない。

残り296文字(全文580文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事