経済・企業

インタビュー 北海道から沖縄まで全国に73拠点 地方の事務所を取り込み拠点を整備=徳田 孝司 辻・本郷税理士法人理事長

2大税理士法人トップインタビュー 徳田孝司 地方の事務所を取り込み全国に73拠点を整備 

 日本を代表する二つの税理士法人トップに経営戦略や体制を聞いた。

(聞き手=編集部)

──「辻・本郷」の強みは。

■北海道から沖縄まで全国に73の事務所を構えていることだ。ゼロから立ち上げた事務所もあるが、過半数は、地方の会計事務所や税理士事務所をM&A(企業の合併・買収)のような形で、当法人の地域拠点として迎えてきた。地域の税理士が培ってきた顧客や職員との信頼関係を当グループでそのまま引き継ぐことが強みだ。

── 人員・体制は。

■従業員はアルバイトやパートを含めて約1600人で、直接顧客と会って経営、税務、経理の相談に当たる「コンサルタント」が900人だ。資格で言えば、税理士が約230人、公認会計士が約50人在籍する。

── 顧客層は。

■顧問先は約1万3600ある。未上場のオーナー企業を中心に、医師などの個人事業主、アパート経営などを行っている資産家らを対象としており、当法人は、街中にある会計事務所の集合体のようなイメージだ。これらの顧客の確定申告や財務会計書類作成を主に手掛け、併せて相続や事業承継業務にも力を入れている。

── 売り上げの内訳は。

■確定申告、会計・経理の書類作成が約6割を占め、相続税関連が約2割、そのほかが約2割だ。相続税については個人税理士や司法書士、金融機関などとも提携しており、紹介もある。年間約12万件の相続税申告があり、今後も当法人に一定の依頼数はあるだろう。相続税申告後も、財産管理に携われば新たな受注につながる。一方で、確定申告や会計・経理事務などの営業基盤を生かしていかに…

残り778文字(全文1478文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事